競馬@2ちゃんねる

弥生賞は、中山競馬場の芝2000mで行われ、これはクラシックレース皐月賞と同じ舞台となっている。そのためトライアルとしての価値が高く馬券に直結する好走馬を多く輩出している。しかし、皐月賞を勝つ馬となると意外と少なく勝ち馬は別路線からというパターンが定番になっている。なぜかわからない不思議な現象だが理詰めだけでは馬券を獲ることはできない良い教訓とも言えるだろう。

この白菊賞は評価したいなあ。時計的価値はアルテミスSと同等。新馬戦でシルバーステート先着した能力は嘘ではなく、この内容はかなりいい。ファンタジーSで凡走から大きく伸ばしてきているので、マイルのほうがいいのは間違いなく、阪神マイルに適性がある可能性は高い。ステイゴールド産なので内枠から馬群を割る競馬がベストで、今回も内目の枠を引いて同じような競馬ができれば十分戦える実力値は示した。母系はミスプロ系でノーザンダンサーの血もある。あとは仕上がりで、小さい馬なので馬体減がないかは確認したい。

 能力的にはアルテミスSの上位組とアドマイヤリードが中心で、ファンタジーSのディープ3頭はここでどこまで伸ばせるかという立場。抜けた馬はいないので、当日の馬場にはいつも以上に気を使わないといけないメンバー構成だろう。アットザシーサイドあたりはTwitterではまたつぶやきます。


参考:弥生賞

京都競馬場の外回り芝3000mを走る長距離ステイヤーレース。この距離が本当に長距離と言うのかはさておき、相対的に見れば長いということからステイヤーと呼ばれるようになった。最近では芝の改良が進んだことで傷みが最小限に抑えられるようになった。それにより次々とレコードを更新するような時代となっておりスタミナが必要とされているのか疑問が残る。昔なら長距離血統というものが存在したが最近ではあまり聞くことがなくなった。いまの血統派は、もっと細分化してトニービンだのなんだの言っており効果的な見方はできなくなっているようだ。昔の長距離種牡馬と言えばリアルシャダイが有名だった。とにかく距離が延びるほどに活躍するというから分かりやすい。こういう傾向があるからこその血統派なのだが最近のサンデーサイレンス後継祭りになっている現状では昔のようなハッキリとした傾向は見えづらくなっている。それよりも調教や騎手と折り合ってレースを進めるかの方が重要になっており、視点を変えて長距離を見つめなおした方が良さそうだ。あまりに高速化が進んだ京都競馬場は、近年レコードを連発している。ちょっと信じられないような時計を連発するようなコースになったことからスタミナだけでなく瞬発力も求められるようになってきた。こういった点からスタミナから能力バランスが問われるようになったことで日本ダービー優勝馬との連動制は高くなったと言われている。こういった菊花賞データをもとに馬券を組み立てていくとある事実が分かってくる。それは内枠の馬が有利になりやすいということ。生産と馬場の変化により着差がつかないことが増えてきておりロスなく回ってこれるかは芝レースにおいて重要な要素となってきた。その点を考えて乗る必要があり、あまりに外を回されると実績馬と言えども圏外に飛ぶことは珍しくない。あまり極端な差し馬よりは好位置をキープできる先行馬の方が外に振られる心配は少なくなる。単純なスタミナ比べとはいかない近代競馬において考えるべきことは多く、上記のようなことを踏まえて好走確率の高い馬を選ぶことが馬券を当てる上で重要になる。こういった戦術を考えられるようになれば回収率も劇的に向上していくのは間違いない。シルクタイガー
4/16 阪神12R1000万下(混)(芝1,600m)発走16:15
11頭6枠7番 57kg 本田
順調さを欠いて復帰がずれ込みましたが、じっくり立て直して力を出せる状態となっており、調教師は、来週のつもりでやっていたけど、あまりに今週千六芝の頭数が少なく、仕上がりもほぼ問題無いので、状態のいい内に使う事にした。追い切りは馬場が悪いにもかかわらず、最後まで楽に上がってきていたし、動きに関しては文句ない。あとはレースに行って鼻の方がどうかだが、鼻血さえ出なければ十分勝ち負けになるレベルにあるし、何とかもって欲しい、と話しています。
ナツの競馬予想ブログ

競馬予想スキルはあった方がいいのは事実だが、別になくても馬券で勝てる方法が判明した。

その手口は実力のある馬券師が集まる競馬予想サイトの情報を利用することである。

それを実践し競馬で1億円を稼いだ競馬必勝法をごらん下さい。

まったく使えない競馬商材にだまされ、優良とされる業者で散々な目にあっても諦めなかった不屈の闘志は尊敬に値する。

競馬で勝つには、こういった執念や信念が必要なのだと感じ取ってもらえるはずだ。

実際に勝てるサイトがあってタダ乗りするだけで本当に勝てるのだろうか?

私は2年をかけて検証してきました勝てます。それだけの高配当を狙って獲っているからです。

それに情報提供するクラウド会員がいて良質な独自情報をもとに予想している強みがある。

だから、相当なあいのりではなければ勝つ可能性は十分に見込めるわけだ。

しかし、それはプラスにするための手法であって収益を伸ばすための手法は別にあるのだと言う。

そう、私たちは勘違いしていたのだ。競馬投資では予想が上手ければいいというわけじゃなかった。

きちんと収益を伸ばすためのシステムを用意する必要があり、それがないければ大金を稼ぐことができない。

その本丸があるからこそ無料で予想公開できているというわけだ。なるほど、全く納得がいく話である。

本当に勝てるので実際に見てもらうと話が早い。8年プラスにしている実力は伊達じゃないことが分かる。

先日も15番人気で複勝3600円もついた穴馬を狙って的中させていた。しかも、たった3頭だけの狙いである。

そのレースの3連単は150万円もの配当をつけていた。そんな狙いができるからこその予想公開なのだろう。

もはや信じる信じないではなく、実際に勝っている風景を目の当たりにすることができる。

その事実を見てしまえば競馬で勝てることは確信に変わっているはずだ。
競馬@予想


山本一郎と2chの関係は根深いが経歴詐称を指摘するスレがいまだに立っている。

それでも仕事が舞い込んでいるようでショーンKとまでいかないまでも詐称するメリットは大きいのだろう。

その点で見ると競馬界のヤマモトタロウは小物と言えるかも知れない。

長く買ってはマイナスになる予想を的中しては誇大広告を行い会員を集めている。

そのたびに当たらない儲からないという批判が巻き起こっているようだ。

それでも人気ブログランキングに上位にいることからクリック業者の利用を疑われている。

あのランキングの1~10位は、みな大した情報がないのにも関わらず上位にいる不思議なサイトが多い。

1位のバックグラウンドは競馬予想会社というあからさまな仕込みを考えれば信頼は想像がつくだろう。



JRAの女性騎手では最速の重賞レースの騎乗となるらしい。

今までの女性を振り返るとほとんど乗せてもらえないから当たり前だろうと思う。

それと同時に色々とアイドルジョッキー復権を目論んでか周りのサポートも手厚い。

むかし、JRA全盛期に男性騎手のアイドル化現象を目撃したことがある。

週刊少年マガジンにズラリと騎手の写真が載っていたのと覚えている。

メジロパーマーの山田泰成とか20年以上前の話になる。

競馬ゲームも盛り上がりを見せウイニングポストにはまっていたのが懐かしい。

実力不相応とかズルいとか言われそうだが、テレビにでているアイドルを見ればプッシュがなければ成功はしない。

自然発生的にことが起きるのを待つ方がマーケティング的には愚作と言えるだろう。

今後は阪神にでも顔見世して一層のファン獲得に頑張ってほしい。

競馬復権を期待しつつ大阪杯予想を待つとしよう。

このページのトップヘ